ニキビ跡 赤み

ニキビ跡の赤みの対処法

ニキビ跡は男性にとっても女性にとっても、多くの人にとっての悩みの種となりますが、場合によってはそこまで気にする必要のないニキビ跡もあります。

ニキビ跡には2つのタイプがあって、一つ目は皮膚に凸凹ができてしまうクレータータイプのもの。

これはできたニキビをつぶしてしまうとできてしまうことが多いのですが、このタイプのニキビ跡は自然に肌のターンオーバーによって自然と治っていくものではありますが、それには結構な長い時間が必要となります。

そしてもう一つのタイプのニキビ跡が、肌に点のような赤みが残ってしまうタイプののものです。

このタイプのニキビ跡は私も随分と悩まされたのですが、特にそこまでケアをしていなかったにも関わらず、時間の経過で自然と消えていきました。

期間にするとおよそ1ヶ月程度だったとは思うのですが、色々と調べてみるとこの期間には個人差がやはりあるようです。

私がそのときに気をつけたことは、とにかくにきびには触らないこと。

これは親からも口を酸っぱく言われていたことなのですが、確かにちょっといじってしまったニキビ跡とそうでないものでは治りの早さが違ったように思います。

どうしてもニキビ跡などは目立つものですので、何とかしたいと色々と触ってみたりしてしまうものですが、後々長引かせないためにもそこはぐっと我慢するようにしましょう。

治りが遅かったり、どうしても気になってしまうという場合は、自分の判断でその処理をするのではなく、必ず皮膚科に行ってお医者さんのアドバイスに沿った対策をするようにしましょうね。