背中にきび ケア

背中のにきびの毎日のケア方法

背中は顔とは違い中々目が行かない場所ですので、背中にできてしまうにきびというのは中々ケアできない場所でもあります。

にきび対策の基本はまず必ず清潔に保つということですので、背中ににきびが出来てしまった場合もまずは必ず背中を清潔に保つことを心がけましょう。

お風呂やシャワーに毎日入るというのは当然ですが、できればシャワーだけでなく湯船にも毎日つかることをおすめします。

背中 にきび

というのもシャワーを浴び、体をボディーソープなどで洗えば確かに表面の汚れはしっかりとれるのですが、お風呂に入ると毛穴もしっかりと開くようになるため、毛穴の中の汚れをしっかりと浮き出します。

それらの毛穴の汚れも落とした方が、当然にきびのケアには良いということは簡単に想像できると思います。

お風呂にしっかりと入ることによっての利点はそれ以外にも様々なことがありますので、最近はシャワーで済ましてしまうと言う方もこれからはまずお風呂に入る事を考えてみてはいかがでしょうか。

またにきびが背中に出来てしまった場合の背中の洗い方ですが、にきびに刺激を与えるのは良くありませんので、タオルなどを使ってゴシゴシと洗うのは厳禁です。

代わりにまずは石鹸やボディソープを手のひらでしっかりと泡立て、それを手のひらなどで優しくさする程度背中全体を洗います。

関節が固い人にはちょっと難しいかもしれませんが、どうしても手が背中全体に届かないと言うの人は、天然素材の布などを使ってできるだけ優しく洗うようにします。

背中を洗い終わったら、しっかりと新鮮なお湯などでしっかりと洗い流し、出た後は清潔なバスタオルで背中をこするのではなく、叩くように優しく拭くようにしましょう。

これだけでも随分背中のにきびのケアとなりますが、保湿ローションなどを持っている人はそれを背中に塗ってあげることもケアの方法の一つとなりますよ。