背中にきび跡を治す方法

背中にきび跡を消す方法

にきびが出来てそのまま放置してしまうと炎症が進んでしまい、にきび跡として体に残ってしまう場合があります。

にきびを放置するという他にも、適切なにきびケアを施さなかったときや、体を清潔に保つことを怠ったときにもできてしまうこのにきび跡ですが、にきびそのものの治療と比べると、このにきび跡の治療は非常に困難なものになっています。

しかしそうは言っても、どんなににきびに気を使っていても、たとえ皮膚科などににきびが出来た時点で行ったとしてもこのにきび跡は出来るときには出来てしまいます。

そこで効果は人によって様々かもしれませんが、一般的によく効くと言われているにきび跡の解消法をここではご紹介します。

背中のにきび跡のケア

背中のにきび跡のケアは基本的には顔にできたにきびのものと同様のものになります。

石鹸やボディソープなどをよく泡だてて、出来れば手で十分に汚れを落とすように優しく洗います。

そして泡が残らないようにしっかりと洗い流してください。

タオルなどで十分に水気をとった後に背中をしっかりと保湿するために、ローションなどを使用します。

このローションは薬局などに「にきび用」としてノンオイルのものが市販されていますので、それらを使用するといいでしょう。

ちなみににきび跡に限らず、にきび解消には肌の保湿が非常に大事になってきますので、面倒かもしれませんがしっかりと毎日ケアしてあげましょう。

そして体の外側だけでなく、体の内側からにきびの対策をするためにサプリメントなどで栄養の補助をします。

にきび対策用のサプリメントというものも市販されていますので、それらを利用してにきび跡をしっかりと消し、そしてにきびの出来にくい体質にしていきましょう。

これらのことをしっかりと実行するだけでも、背中のにきび跡が驚くほど綺麗になったという人も沢山いますよ。